クロスバイクの人

クロスバイクでサイクリング。サイクリングと写真の記録。オフシーズンは雑談

サイクリングあるある話

前記事のつづき。

 

東小樽から手宮で一服。 

 

f:id:bicycle-sapp:20190929203053j:plain

旧防波堤の後なのか、残骸が残っていた。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190929203105j:plain

f:id:bicycle-sapp:20190929203126j:plain

岸壁には釣り人がいっぱい。

車がずらり。

ほんと、小樽の岸壁は釣り人が多い。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190929203400j:plain

釣りといえば、小学生の時以来、何年もやっていない。

自分には向いていないなと思っている。

短気な人が向くと聞いたけど、はまることはなかった。

でも魚は好きで、熱帯魚を飼っている。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190929203415j:plain

レジャーボートが走っていた。

気持ちいいだろうねー。 

そして祝津に向かった。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190929203456j:plain

坂を上り、

 

f:id:bicycle-sapp:20190929203453j:plain

目標地点に到達も、なにか看板が!!

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190929203717j:plain

なんと工事中で立ち入り禁止・・・。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190929203729j:plain

行ってみたら、

  • 通行止めだった
  • 休みだった
  • 廃業していた
  • 閉鎖していた
  • 工事中だった
  • 熊がいた

 

こういう経験ありませんか?

 

自転車という人力で、体力を使ってきたのに、

こうなると精神的ショックだったりする。

 

車だと、「しょうがないか」で諦めやすいが、

体力を使っているだけに疲労感が残ってしまうという。

 

この灯台からの景色を見たかったのだが、

これは来年に来いよということですか、そうですか、そうですね・・。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190929203741j:plain

目の前には小樽市鰊御殿

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190929203805j:plain

後ろを振り返れば、以前に行ったパノラマ展望台。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190929203820j:plain

崖を覗くと小樽水族館

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190929203835j:plain

連休が2週連続あった翌週、それほど客はいなかったようで。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190929203848j:plain

ここから望遠レンズでオットセイ?を捕らえることができた。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190929203915j:plain

f:id:bicycle-sapp:20190929203919j:plain

近くの海岸へ。

クリートカバーをつけているものの、

さすがにこの足場は歩きにくかった。

 

この辺は観光客、特に中国人が多いこと・・。

 

 

この三角の石は?

 

f:id:bicycle-sapp:20190929203921j:plain

テトラポットだったか。

浸食してここまで小さくなったのだろうか。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190929203946j:plain

遠くに貨物船?

 

f:id:bicycle-sapp:20190929203954j:plain

漁船?

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190929205610j:plain

今回は往復で54.5㎞のポタリング

タイムアタックみたいな全力走行ではないが、意外と早くついたような。

 

とくに張碓峠は、車道で何も漕がなくても下りで40kph以上だったから、

登りで遅い分を埋めてくれたのだろう。

 

ただ、ここの国道5号、路側帯が狭いので命がけなんだけど・・。

スピードの出るロードバイクだとますます歩道を借りることはなくなるのだろうなあ。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190929205623j:plain

おまけ

ガーミンのバッヂがいつのまにかこんなに増えてたよ。