クロスバイクの人

クロスバイクでサイクリング。サイクリングと写真の記録。オフシーズンは雑談

自転車で行く不思議空間

前記事のつづき。

 

芸術の森を下って寄り道。

大きな涅槃仏があるので寄ってみた。

 

f:id:bicycle-sapp:20191009201542j:plain

舎利山 佛願寺 大涅槃聖堂

 

 

f:id:bicycle-sapp:20191009202039j:plain

でかすぎて、一枚に収まらないのだ・・。

全長45mあって、日本最大級だとか。

体重も結構あるのだろうね!

 

ここは、誰でも参拝可能なのだが、正面からは2本の線香代(¥100)が必要。

まぁ、賽銭代と思えばいいのだが、まさかの有料・・。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20191009202419j:plain

涅槃仏の前の庭園は綺麗ですけどね。

(ゴースト映り込み)

 

 

f:id:bicycle-sapp:20191009202433j:plain

勿論、この庭には立ち入りできませんがね。

 

うーん、なんか観光スポットとするなら敷居が高い感じだね。

奈良の大仏みたいな気軽さが欲しい。

サクッと退散。

 

さらに453号線を下ったところにある石山緑地へ。

 

f:id:bicycle-sapp:20191009203018j:plain

ここは、あまり通らない道沿いにあるというか、車でもつい通りすぎちゃう。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20191009203208j:plain

賑やかな公園というよりも落ち着いた静かな公園。

 

f:id:bicycle-sapp:20191009203304j:plain

アート風な公園なのだ。

いろいろなオブジェがある。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20191009203348j:plain

ミステリーサークルのような広場。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20191009203545j:plain

歩いていくと、

沈黙の森&赤い空の箱

という広場に着く。

ジャングルジムではない・・。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20191009203835j:plain

ネガティブマウンド

コロシアムのような空間。

演劇やコンサートに利用できるという。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20191009204524j:plain

f:id:bicycle-sapp:20191009204540j:plain

もともと石山緑地というのは、建材である札幌軟石の石切り場跡を公園にしたもの。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20191009204405j:plain

だから、後方にある崖は人工的につくられた崖なのだ。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20191009204616j:plain

f:id:bicycle-sapp:20191009204638j:plain

写真は人を避けて撮っている、数人くらいしかいなかった。

でも、ここらへん、最近熊が出ることがあるので、夜は注意したほうがいいかもよ。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20191009204826j:plain

午後の丘

壁面から崩れた立方体が転がっているように見える広場。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20191009204948j:plain

普通の公園とは違って、小さな子供たちが遊ぶ姿もなく、

静かに散歩したり、写真を撮ったりするような公園かな。

何か不思議な感覚になる。

ここも緑がいっぱいなので、紅葉狩りにいいかも。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20191009203449j:plain

全景の模型があった。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20191009210145j:plain

今回は、フラット化したSPD-SLぺダルでポタリング

 

SPDSPD-SLを使っているとフラットペダルは逆に速度が落ちやすくて、少し疲れたね。引き足が使えないとこうも違うか・。

 

でも、平日の昼間は230号線が空いていて、走りやすかったね。

ラッシュ時や休日は車が増えて気を遣うからね。

 

平日と休日のサイクリングでは、違う気分になるね。