クロスバイクの人

クロスバイクでサイクリング。サイクリングと写真の記録。オフシーズンは雑談

老朽化する展示SL

前記事のつづき。

 

久々に鉄道のことです。

北海道ワイン工場の近くにSLが展示されている。

ただ、よく見ると車体のあちこちで錆が見えている。

 

先日、あるTV番組でこうしたSLの管理が問題になっていると紹介していた。

全国各地でお金がなくて、修復ができないという。

酷い場合はやむなく解体となるが、解体のほうが塗装より費用がかかってしまい、

放置状態のSLもあるという。

 

f:id:bicycle-sapp:20190622091131j:plain

展示されていたのはD51だ。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190622091134j:plain

車輪部はきれいな感じなのだが、車体はいたんできた感じ。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190622091123j:plain

もう一台あるのだが、こちらも同様の状態。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190622091128j:plain

機関車の仕様。

大正10年ってすごいよね。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190622091120j:plain

この59614というのは4輪あるが、D51の元になったのでしょうかね。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190622091116j:plain

面白いことに当時の客車も展示されている。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190622091112j:plain

しかし、こちらも塗装の状態が良くない。

青空展示というのはやはり傷みやすい。

特に山の上に展示してあるので、雪も長期間残っているのだろう。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190622091109j:plain

このままの状態では、いずれ朽ちてしまう。

塗装が必要、さらに痛めばもっと費用がかかりそうだ。

できれば、室内展示が理想だが難しいだろう。

外でも屋根を付けて、大事に保管されているSLもあるようだが、

いずれにしても手入れをしてくれる人達が必要。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20190622091125j:plain

このSLはどうなってしまうのか?

 

 

#展示された状態は6月のものです。

#この後、修繕されるのかもしれません。