クロスバイクの人

クロスバイクでサイクリング。サイクリングと写真の記録。オフシーズンは雑談

A列車で行こう9

実は密かにこのゲームをやっている。

A列車で行こう9という鉄道経営ゲームだ。

鉄道に興味ある人は結構知っているのでは?

 

しかも、今年バージョン5.0が発売されているではないか!!

 

V1.0から買って、V3.0までアップグレードしてきたが、

忙しいうちにV4.0が出て、もうV5.0になっていた・・・。

しかもファイナルエディションとなっているので、バージョンアップは最終なのかな?

パッチも出たようだし。

 

V5.0を見てみたが、ターンテーブルが稼動したり、車両の連結ができたりと、

面白いギミックができるではないか。

 

これは、正月に遊ぶのに買おうかな。

 

V3.0でも、まだやりつくしていないゲームなのだが、

V4.0飛ばしてV5.0にしちゃいますか。

 

ということで、今回は写真ではなくてスクリーンショットで、

V3.0の「宵明けの大都」というマップでプレー中のものを公開。

 

特に凄いことをやっているわけではなく、ダラダラと都市開発しただけなのだが、

線路を引いて、ダイヤを組んで、うまく列車を回すのが楽しい。

マップコンストラクションで好きなように鉄道都市を作り上げることもできる。

 

日本のゲームは子供向けが多いが、これは大人が楽しめる数少ないゲームだ。

 

f:id:bicycle-sapp:20181203191816j:plain

f:id:bicycle-sapp:20181203191820j:plain

ちゃんとJR北海道車両もあるのだ。

貨物列車、蒸気機関車、地下鉄、路面電車もあるよ。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20181203191824j:plain

飛行機のダイヤは組めないが空港を作れば、ちゃんと飛行機が飛び立つ。

どことなくジャンボに似ている?

 

 

f:id:bicycle-sapp:20181203191827j:plain

在来線や新幹線専用ホームを併設したり、

 

 

f:id:bicycle-sapp:20181203191831j:plain

リニアを走らせるプロジェクトもある。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20181203191835j:plain

 

という感じなのだが、なかなか時間が無くて遊べていない。

もともと時間がかかるゲームなのだが、こつこつと都市を作り上げる楽しみがある。

やりだすと止まらなくなるよな。