クロスバイクの人

クロスバイクでサイクリング。サイクリングと写真の記録。オフシーズンは雑談

小樽

サイクリングあるある話

前記事のつづき。 東小樽から手宮で一服。 旧防波堤の後なのか、残骸が残っていた。 岸壁には釣り人がいっぱい。 車がずらり。 ほんと、小樽の岸壁は釣り人が多い。 釣りといえば、小学生の時以来、何年もやっていない。 自分には向いていないなと思っている…

撮り鉄が楽しい 54.5㎞

9月28日 快晴 弱風 秋のすごーく良い天気。 気温も適温だし、 これはサイクリングしなきゃもったいないでしょ。 ということで今回は小樽方面へポタリング。 久しぶりに鉄道の写真も撮った。 今日はあまり自転車を見かけなかったな。 先日の連休などで、疲れ…

老朽化する展示SL

前記事のつづき。 久々に鉄道のことです。 北海道ワイン工場の近くにSLが展示されている。 ただ、よく見ると車体のあちこちで錆が見えている。 先日、あるTV番組でこうしたSLの管理が問題になっていると紹介していた。 全国各地でお金がなくて、修復ができな…

200円でワインが飲めるところ

前記事の続き。 今の時代、地元の人なら車でどこでも行けるから、 行ったことのない未知の場所なんてなかなか無い。 道外の人ならこんなところがあるよって紹介はできるんだけど。 道内の人なら知っているよね。 小樽毛無山の展望台に向かう途中にある北海道…

赤井川村

前記事の続き。 国道393の峠道はセンターにガードレールがある所がいくつかある。 無茶な追い越しをされなくていいのだが、 自転車では余計に車と圧迫感が増す。 この日は二人、ロードバイクで走っている人を見かけた。 短くて急な坂と、長くて緩い坂ならど…

3年ぶりの展望台

先日、天気が良かったのでドライブしてきたこと。 GW過ぎてから行くのがいいよね。 渋滞知らず。 天気が良くていい日柄だった。 到着。 3年前にクロスバイクでこの小樽毛無山展望台にきたものだ。 今回は車なので楽すぎる。 車ってやっぱり凄いね。 小樽港側…

朝里ダム

5月4日 晴れ 弱い風 更新がすごく滞ってしまった。 旬な話題ではなくなったが、 足慣らしにGWに少し走った話。 朝里ダムへ行くには国道5号を通るいつものパターンなのだが、 張碓峠を下って、調子よくスピードも乗っていて、 最後の下りは信号にぶち当たるの…

大漁

5月3日 晴れ やや強い風 GWはちょっと近郊へ行ったのだが、 やっぱり道路はいつもより車が増えていた。 止まらないだけましだったね。 流れていればそれほど遅れないしね。 北海道は基本渋滞がそんなにないので、 逆に渋滞があるとめっちゃストレス。 渋滞20…

DIAMOND PRINCESS

7月8日 晴れ 無風 7月になってもあまりいい天気が続かない。 ようやく晴れても都合が付かない日ばかり。今年は昨年に比べたら全然サイクリングしていない。この調子だと昨年より走行距離数は稼げないだろうな。 この日は晴れて自転車日和だったが、午前中に…

旧手宮線跡地

前記事のつづき。 時間に追われた結果、5分割記事になってしまった。 手宮公園の帰り道に寄り道。 旧手宮線跡地 地元では誰もが知る場所だが、安全に線路を触れる場所は少ない。線路は使わないと赤錆がついちゃうねえ(白黒写真にしちゃったけど) そういえ…

手宮公園

前記事の続き 小樽の埠頭から、手宮公園へ。 ここも結構な高台にあるので見晴らしがいい。 別のところでは桜の名所にもなっている。来年いこうかな。風が強くなったので絞りはF16で。 何にピントを合わせてたかというと、石油タンク。 手入れされた植木がい…

小樽の埠頭、えさん

前記事のつづき クルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす」の向かいに、第一管区海上保安本部・小樽海上保安部巡視船「えさん」が停泊していた。 巡視船「えさん」PL12 総トン数約1,500トン 全長約96.0m 幅約11.5m 速度 25ノット以上 三菱重工業製 2016年に新し…

小樽の埠頭、PACIFIC VENUS

前記事のつづき 小樽築港をマリーナを見ながら進むと、 更地になっている土地が! ここは「石原裕次郎記念館」のあった場所。残念ながら更地になってしまった。記念館は一度だけ入った記憶がある。この場所には何かまた新しい建築物が建つに違いない。 今回…

小樽の埠頭、朽ち果てた岸壁

6月23日 曇り時々晴れ やや強い風 気温が20℃以上になって、今日は良いサイクリング日和か。 ダラダラと汗をかくこともないし、止まると寒いってこともない。 しかし、空はスカッと晴れた感じではなく天候はいまいち。 相変わらず、週末が変な6月だ。 今回は…

星観緑地

前記事のつづき。 帰りは銭函海水浴場へ。 ここは、砂場なので遊びに来る人は多い。 小樽側。小さく電車が写りこんでいた。*1 ほしみ駅の傍にある星観緑地に寄り道で一服。ながーいアプローチがある。 何か野鳥が鳴いているのだが、捕らえることができず・…

無人駅

前記事のつづき。 この日はPM2.5の数値が高くなるとの注意報があったが、気になるほどではなかった。 行ってみたいところはいっぱいあるんだけどねえ・・。 穏やかな波でいい場所ですわ~。*1 どこらへんが海水浴場なのか良く分からない。 むしろ釣り場み…

海岸線と列車

5月12日 晴れ 弱い風 GW後半は天候がぱっとしなく、GW明けに晴れが続くという、毎度残念なGWだったが、やることはほぼ実行したので充実したGWだったなあ。後半は天候のせいで写真を撮りに行く気がせず記事ネタがなくなってしまったが。 自転車のほうはやっと…

余市、90km(終)

8月27日のつづき 余市からの帰り道。またちょっと寄り道。 国道5号線と平行に海岸線沿いに長い道があって、潮の香りがしてくる。 海水浴客はいませんなあ。 もう涼しくなってきたからね。丁度走りやすい気温。 反対側はシリパ岬。(積丹方向) 蘭島に向かっ…

余市、90km(1)

8月27日 快晴、弱風 この日は、北海道マラソンがあって市内は交通規制されるので、またまた小樽方面へ。 それにしても、42.195kmも走るって凄いよねえ。 自転車+ランニングをする人もいるが、自転車だけで手一杯だなあ。 行きの5号線は今回、車道を走ってみ…

小樽天狗山展望台(終)

7月29日のつづき。 展望台から降りるところから。 道路がいいとスピードがでるなあ。 下ってからのー 上り坂。下りでスピードが出ているので、勢いで上れちゃう。 オートバイのように車体を傾けてのダウンヒルを楽しめる。 昔、車体を傾けたほうにクランクを…

小樽天狗山展望台(3)

7月29日のつづき。 ここから山頂へ目指す。 後半は下ってから上るところから始まった。 勢いつけて上れるので楽しい箇所だったな。 道路も良いし、風を受けて気持ちが良かった。 しかし、ここからまた坂が続く。 でも昼飯のざるそばが効いて快調に登れた。 …

小樽天狗山展望台(2)

7月29日のつづき。 天狗山山頂への入り口から。 あとで気づくのだがここまで結構エネルギーを使っていたようだ。 道路はすごくいい。冬期間は通行止めで痛まないからかな。 なかなかの坂だ。しかも、結構クネクネしている。 そろそろ心拍メーターとか、ケイ…

小樽天狗山展望台(1)

7月29日 快晴 無風 最近は小樽方面ばかり走っている。 それは小樽の4大展望台を制覇するためだ。 これまで、小樽毛無山展望台、祝津パノラマ展望台、旭展望台を自転車で制覇。 しかし、一つ残していたのが小樽天狗山展望台だ。 スキーをするためには何度か行…

北海道、記録的高温! 海へ逃げる

7月15日 快晴 無風 北海道なのに11日連続真夏日だそうだ。 夏だなあ。 暑いっ。 ムワーッとした空気で走る気を無くす高温が続いた。大抵7月が一番暑いけどね。 それでも、今日はスポーツバイクを何台か見かけた。 暑くても走る人はいるね。 しょうがない、今…

小樽、旭展望台(終)

7月8日のつづき 展望台までは10%の坂。でも、短いので一気に行ける。 小樽は坂が多いので、どこでも登坂練習ができるな。 ネットを検索してみても、ここに自転車で来たよというブログは見かけないなあ。 車かオートバイが多い。 とても静かな場所だ。 小林…

小樽、旭展望台(2)

7月8日のつづき。 東小樽から小樽マリーナへ。 うーん、こんな快晴の日なのにクルーザーがいっぱい停泊してるなあ。 遊びに行かないのかい? 石原裕次郎記念館がサイドにある。 ここは説明するまでもないだろう。 後ろを振り返ればウイングベイ小樽。 巨大な…

小樽、旭展望台(1)

7月8日 快晴 6月は雨が多いし、気温は低いわで週末泣かせだった。 ようやく晴れの週末で、羊蹄山一周から2週間ぶり。 全く走りこんでないなあ。 まあ、昨年6月も平日は晴れても週末は駄目な子だった。 7月となると今度は気温上昇のペナルティがついてくる・…

祝津漁港、祝津マリーナ

5月20日の続き。 水族館近くにマリーナがあるので寄ってみた。 結構な数のヨットがあったな。 すぐ側の漁港へ。猟師たちはさすがにお休みか? ひと気はほとんどなかった。 浮きがすごい数。 ここから船を下ろして出航するのかな。 網の数もすごい。 これはま…

小樽祝津パノラマ展望台

5月20日のつづき。 さあ、次の地点へ。 折り返して下る。 狭い道なので、ワゴン車が降りるまで待ってくれたようだ。 一礼する。優しいドライバーだ。 水族館へ向かう道に進む。 遊園地は子供の悲鳴?や歓声?で賑わっていた。 明かり光はレンズの反射で、心…

小樽水族館、小樽市鰊御殿

5月20日の続き。 小樽運河を出発。 この道は手宮へ向かう道。 このくらいの広い路側帯なんで、快調にぶっとばす。 峠なら遅いが平地ならそれなりに飛ばせる。こういう道が好き。 レースをしているわけでもなく、誰かと競争しているわけでもないが、 自然と爆…