読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロスバイクの人

クロスバイクでサイクリング。サイクリングと写真の記録

祝津漁港、祝津マリーナ

5月20日の続き。

 

水族館近くにマリーナがあるので寄ってみた。

結構な数のヨットがあったな。

f:id:bicycle-sapp:20170521225023j:plain

 

すぐ側の漁港へ。猟師たちはさすがにお休みか? ひと気はほとんどなかった。

f:id:bicycle-sapp:20170521225057j:plain

 

浮きがすごい数。

f:id:bicycle-sapp:20170521225113j:plain

 

ここから船を下ろして出航するのかな。

f:id:bicycle-sapp:20170521225129j:plain

 

網の数もすごい。

これはまだ綺麗なのだが、中にはハエがたかって匂いがキツイ物もあった。

漁師って大変だ。

f:id:bicycle-sapp:20170521225153j:plain

 

船はかっこいいね。

f:id:bicycle-sapp:20170521225210j:plain

 

一隻、ひときわでかい船があった。金剛というのかな。

f:id:bicycle-sapp:20170521225226j:plain

 

ほたての養殖が中心なのかな。

f:id:bicycle-sapp:20170521225239j:plain

 

帰りは、5号線張碓峠からの下りから車道で走った。

歩道ではどうしても速度を落とさなければならないが、

車道ではほとんど段差が無い分、速度は落とすことは少ないので、

このクロスバイクでも十分な速度でぶっとばせた。

何度か張碓峠を走ったが一番速かった。

もうちょっと路側帯が広ければなあ。

 

路側帯の狭い区間は自動車が恐怖だ。

5号線は80kmを出す車もちらほら居る。

 

後ろをちらみするとドライバーも気をつけてくれるのが分かった。

自転車が車に気づいてないのではと不安に思うドライバーもいるだろう。

今回はほとんどの車は離れて走行してくれていたが、別な意味でスリル満点だった。

ただ、事故だけは合いたくないな。お守り効果あったかな。

 

走行距離 59.57km

最高時速 48.2km

 

小樽祝津パノラマ展望台

5月20日のつづき。

さあ、次の地点へ。

f:id:bicycle-sapp:20170521220447j:plain

 

折り返して下る。

f:id:bicycle-sapp:20170521220459j:plain

 

狭い道なので、ワゴン車が降りるまで待ってくれたようだ。

一礼する。優しいドライバーだ。

f:id:bicycle-sapp:20170521220514j:plain

 

水族館へ向かう道に進む。

f:id:bicycle-sapp:20170521220531j:plain

 

遊園地は子供の悲鳴?や歓声?で賑わっていた。

明かり光はレンズの反射で、心霊現象ではない。

f:id:bicycle-sapp:20170521220549j:plain

 

この道は斜度10%。道理できつくなってきたわけだ。

f:id:bicycle-sapp:20170521220606j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521220627j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521220646j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521220701j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521220715j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521220733j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521220753j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521220817j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521220836j:plain

 

ゴール。車でしか来ないわな。ロードバイクすらいない・・。

f:id:bicycle-sapp:20170521220853j:plain

 

帰りに標識があった。斜度16%になっていた。

シッティングで上がれたが、距離が長ければきついだろう。

f:id:bicycle-sapp:20170521221354j:plain

 

パノラマ展望台は海が見えてこれまた絶景だ。

灯台は今度行ってみようかな。

f:id:bicycle-sapp:20170521221003j:plain

 

地平線が丸みを描いている。ヨットなどの船が小さな白い点になっている。

f:id:bicycle-sapp:20170521221025j:plain

 

トド岩っていうらしい。

f:id:bicycle-sapp:20170521221043j:plain

 

ホテルノイシュロス小樽

f:id:bicycle-sapp:20170521221110j:plain

 

こんな崖の上に建っているとは。

ちょっと危なくないのかと思わせる。

f:id:bicycle-sapp:20170521221141j:plain

 

断崖絶壁だ。

f:id:bicycle-sapp:20170521221204j:plain

 

展望台の石碑シリーズ。

f:id:bicycle-sapp:20170521221221j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521221238j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521221300j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521221323j:plain

 

望遠で見ると、プレジャーボートを発見。

f:id:bicycle-sapp:20170521221438j:plain

 

これは漁船かな。

f:id:bicycle-sapp:20170521221455j:plain

 

下には漁港が見える。寄り道してみよう。

f:id:bicycle-sapp:20170521221539j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521221611j:plain

 

つづく。 

 

bicycle-sapp.hatenablog.com

小樽水族館、小樽市鰊御殿

5月20日の続き。

 

小樽運河を出発。

この道は手宮へ向かう道。

このくらいの広い路側帯なんで、快調にぶっとばす。

峠なら遅いが平地ならそれなりに飛ばせる。こういう道が好き。

 

レースをしているわけでもなく、誰かと競争しているわけでもないが、

自然と爆走スイッチが入ることない?

もともと体育会系じゃないのにその気にさせてしまう。

その瞬間、自転車って楽しい。

爆走っていっても、時速30-40kmの範囲だけど。

f:id:bicycle-sapp:20170521205222j:plain

 

あとで分かったのだがマンホールにデザインがされている。

f:id:bicycle-sapp:20170521205239j:plain

 

学生の夏休み時期は小樽水族館へ向かう車で大渋滞しやすい道路。

今日はスイスイと行ける。

f:id:bicycle-sapp:20170521205253j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521205306j:plain

 

新高島トンネル

路側帯は広めなので車道でも走りやすそうだ。

f:id:bicycle-sapp:20170521205321j:plain

 

それほど明るくないので明るいライトは必要。

f:id:bicycle-sapp:20170521205341j:plain

 

すぐに豊井トンネル。ここも歩道が広め。

f:id:bicycle-sapp:20170521205404j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521205425j:plain

 

最後に3つ目の新祝津トンネル。

f:id:bicycle-sapp:20170521205441j:plain

 

出入り口付近の歩道路面がイマイチ。

f:id:bicycle-sapp:20170521205500j:plain

 

途中から摩擦が減るという。

f:id:bicycle-sapp:20170521205519j:plain

 

トンネルを出て進む。

にしん御殿 小樽 貴賓館 (旧青山別邸)は左方面。

f:id:bicycle-sapp:20170521205537j:plain

 

民宿 青塚食堂前。

外人観光客が増えて値段が上がったとか。

ここはまだ入ったことは無い。味は絶品と聞く。

f:id:bicycle-sapp:20170521205611j:plain

 

突き当りを左へ。

f:id:bicycle-sapp:20170521205628j:plain

 

路面が悪く道も狭いが、ここを上るしかない。

f:id:bicycle-sapp:20170521205645j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521205702j:plain

 

駐車場らしきところへたどり着く。

f:id:bicycle-sapp:20170521205725j:plain

 

ここからは小樽水族館の屋外ステージが見える。

さすがに小さくしか見えないので何しているのかは分かりづらい。

f:id:bicycle-sapp:20170521205803j:plain

 

何か泳いでいた!

f:id:bicycle-sapp:20170521205830j:plain

 

ホテルノイシュロス小樽

この近くに展望台がある。あそこまで上るのか・・・。

f:id:bicycle-sapp:20170521205855j:plain

 

小樽市鰊御殿

f:id:bicycle-sapp:20170521205916j:plain

 

ここからの景色もなかなか良い。

f:id:bicycle-sapp:20170521205933j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521210002j:plain

 

気分転換になるね。

つづく。

bicycle-sapp.hatenablog.com

小樽運河

5月20日 晴れ、弱い風

 

予想通り快晴。

翌日は雨が降ったりしたのでこの日に出かけたのは正解だった。

f:id:bicycle-sapp:20170521195738j:plain

 

張碓までは前回、サイクリングビューとしてアップしたので撮影は朝里から。

小樽なると屋。ここで、昼食をとることにした。 

f:id:bicycle-sapp:20170521195957j:plain

 

超おなかが空いたわけでもなかったので、適量な鳥かつ定食を注文。

¥460という弁当並みの安さは良心的。

味はなかなか良い。鶏肉もやわらかかった。

ただ、ちょっとお味噌汁がしょっぱめだったかな。

f:id:bicycle-sapp:20170521200025j:plain

 

朝里の交差点。左を道なりにいくと朝里峠に行く道。

今日はまっすぐに進む。汗はかいてもすぐ乾くような走りやすい気温。

f:id:bicycle-sapp:20170521200134j:plain

 

この国道もちょっと路側帯が狭いのと、グレーチングがでかめ。

交通量いつも多いところなんで、さすがに自転車は邪魔臭いと思われる。

歩道は、自転車マークがあるように通行可なのでここはこちらを走る。

 

車道の方が歩道と歩道の合間で速度を落とさなくてもいいから速いのだけどね。

f:id:bicycle-sapp:20170521200147j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521200200j:plain

 

補給用セイコーマート

f:id:bicycle-sapp:20170521200330j:plain

 

小樽運河方面へ行くので右に曲がる。

f:id:bicycle-sapp:20170521200345j:plain

 

途中で救急車が走ってきた。東小樽を通過。

幅広の歩道は走りやすくてよい。

f:id:bicycle-sapp:20170521200404j:plain

 

地下通路を潜ると、

f:id:bicycle-sapp:20170521200417j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521200431j:plain

 

海が見えてくる。

f:id:bicycle-sapp:20170521200448j:plain

 

ちょっと風もあったせいか、ヨットがいっぱいあった。

ヨット日和なんだろうかね。うーん、贅沢だなあ。

f:id:bicycle-sapp:20170521200743j:plain

 

近くでかもめ?さんがギャーギャーしていた。

f:id:bicycle-sapp:20170521200808j:plain

 

海浜公園。トイレ有り。

石畳の歩道が実は走り心地が良くない・・。

f:id:bicycle-sapp:20170521200504j:plain

 

さらに進むとやがて運河付近にくる。

天気も良いので観光客でいっぱいだ。

f:id:bicycle-sapp:20170521200525j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521200540j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521200834j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521200552j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521200902j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170521201025j:plain

 

運河を走る観光船。

f:id:bicycle-sapp:20170521201049j:plain

 

結構乗れるのだな。

f:id:bicycle-sapp:20170521201100j:plain

 

散歩するにはよさそうだけどね。

f:id:bicycle-sapp:20170521201117j:plain

 

小樽運河は寄り道地点。

ここを出発して次に向かう。

 

つづく。

Vブレーキブーツの状況

Vブレーキのワイヤーについてるブーツ

車庫内保管、雨天利用少数な自転車なのだが、千切れそうになっていた。

写真ではなんとも無いように写っているが、かろうじて繋がっている程度。

うーん、交換かなあ。

まだ、新車3年目で早くね??

というかこんなものなのか?

使い方が荒いのか?

とブーツに向かってブツブツ。

f:id:bicycle-sapp:20170517210404j:plain

アマゾンとかみると、確かに単品で売っているものの、ちょっと形が違ったり・・。

近くの店では単体で見たことが無い。

購入店で手に入るかな?

しばらく行ってないな・・。

 

 

とりあえず、千切れかけたところをGクリアーというボンドでくっつけておいた。

 

 

今週後半から雨マークが無さそう。

とくに土日がサイクリング日和になりそう。

f:id:bicycle-sapp:20170517211546j:plain

 

大通公園、すすきの、中島公園

5月13日 続き

さらに大通公園を目指す。

ここはベンチがいっぱいあるから休める。

f:id:bicycle-sapp:20170514161840j:plain

 

なんか、ラーメンショーっていうラーメンのイベントがあるらしく準備中だった。

ramen-kyokai.jp

 

f:id:bicycle-sapp:20170514162029j:plain

 

北洋銀行

f:id:bicycle-sapp:20170514162045j:plain

 

TV塔前

f:id:bicycle-sapp:20170514162106j:plain

 

さて、狸小路というアーケード街を目指すとなにやら道路を狭めて工事中。

これが噂の巨大地下駐輪場の建設現場か!

2000㎡、2段式ラック、1600台収容可能とか。

2019年完成予定らしい。

中心部には駐輪場が増えている。

f:id:bicycle-sapp:20170514162133j:plain

 

狸小路を横切る。

f:id:bicycle-sapp:20170514162154j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170514162210j:plain

 

中島公園へいきつく。

ここも広い公園だ。

f:id:bicycle-sapp:20170514162234j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170514162258j:plain

 

歩行者も多いが、道幅が広いので自転車も余裕だ。

f:id:bicycle-sapp:20170514162310j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170514162325j:plain

 

公園内に池があり、手漕ぎボートを楽しめる。

のんびりと走ると、

f:id:bicycle-sapp:20170514162341j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170514162357j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170514162409j:plain

 

コンサートホール場前につく。

f:id:bicycle-sapp:20170514162424j:plain

 

再び別道で戻る。

f:id:bicycle-sapp:20170514162442j:plain

 

ここには日本庭園がある。

f:id:bicycle-sapp:20170514162501j:plain

 

豊平館が見えてくる。

f:id:bicycle-sapp:20170514162525j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170514161912j:plain

 

人通りは多かったが??

f:id:bicycle-sapp:20170514162552j:plain

 

庭園内、自転車通行禁止。

機会があれば見たい。

f:id:bicycle-sapp:20170514162608j:plain

 

ぐるーっと、回ったので帰宅に向かう。

f:id:bicycle-sapp:20170514162628j:plain

 

みんなが好きなススキノを通る。

昼のススキノはまた全然違うな。

f:id:bicycle-sapp:20170514162644j:plain

f:id:bicycle-sapp:20170514162658j:plain

 

再び大通り方面へ。

f:id:bicycle-sapp:20170514162714j:plain

 

狸小路前通過。右は市電のりば。

f:id:bicycle-sapp:20170514162733j:plain

 

再び大通り。疲れは無いのでぶっとばして帰った。

f:id:bicycle-sapp:20170514162757j:plain

 

街乗りだったが、カーボンシートポストは効果あったかもしれない。

なんとなく楽だ。

 

ゴールデンウィークに走ったとき、脚力が落ちたかと思っていたが、

どうやら乗り方を忘れていたようだ。この自転車特有の乗り方。

 

冬季間のブランクは大きい。

脚力も落ちるし、いつの間にか年齢も増えるが、

今年も乗れるだけ乗りたい。

 

走行距離53.4km

最高時速42.6km